日暮れから夜にかけて柳川の堀を流れ進む「灯り船」

こんにちは、HACOメンバーです。今日は柳川市が初夏から中秋にかけて行う有名な観光名物に少し趣向を凝らし、深い大きな味わいを感じさせる事を旨とした催しをご紹介したいと思います。

光と闇の違いで・・・

「灯り船」とは川下りを日中の光の時間から、陽が暮れ始める薄暗い時間から日没後の闇の時間へと運行時間を移動させるというもの。

時間を移動させただけのことではありますが、それはまるで別空間。昼夜逆転で外界からの刺激の受け止め方が、意識せずとも本能的に切り替わるのでしょう。

太陽が日蝕で隠れ、光が届かない世界に置かれた時などは、天文学の知識のなかった時代なら空が恐ろしかったでしょう。日常生活レベルに引き寄せて考えると、もし家に一人で居てお風呂に入り髪を洗っている最中に停電になったらパニックなるでしょう?

一方で、夏祭りで夜、提灯やライトが皓々と又は仄かに闇を照らすさまは、言い表せない美しさと高揚感を演出してくれることを、皆さんもよくご存知ですよね。

「灯り舟」は、闇に包まれた空間に感じてしまう得体の知れないちょっとした不安感と、わずかな灯りが仄かに暗闇を照らし出す幻想的な美しさ、心にも灯がともるような安心感のなかで船に揺られ不安と安心に揺られながら、少しばかり光と闇の交錯の幻想に進んで浸る時間なのかもしれません。

いつものどんこ舟とはちょっと違う感覚を楽しんでみてはいかがでしょうか。

「灯り舟」の運航について

<期間>令和4年7月15日(金曜日)~令和4年10月2日(日曜日)

<時間>18時30分から20時00分(30分毎に運航) 乗船時間約70分

※完全予約制、予約受付は7月12日(火曜日)からスタート

※9月3日~4日、16日~18日は市内イベントのため運航中止となります。

※新型コロナウィルス感染症対策として、最大乗船人数は12名(一艘あたり)となります。

※小学生以下は2名で大人1名として計算。

※出発時間は予約時にご確認ください。

柳川市公式ウェブサイト

就労継続支援A型事業所HACO

所在地:柳川市城隅町22-16(うなぎ屋本店さま前)
電話番号:0944-85-8175
営業時間:9時~17時
定休日:日曜、祝日